2009年09月12日

i底値帳の使い方

それでは、簡単にi底値帳の使い方をご紹介します。
といってもSimpleなアプリなので、すぐ使い始める事が出来るようになっていると思いますが。

アプリケーションを起動すると、次のようなメイン画面が現れます。
IMG_0676.jpg

お店と商品が無いと、底値帳を作れませんので、まずはお店を作ってみましょう。お店登録をタップして下さい。
IMG_0677.jpg
店名を、キーボードで入力するだけ。簡単です(^^;

さて次に、同じ要領で、商品登録してみましょう。
IMG_0678.jpg

商品の場合は、商品名の他に、よみがなも入力する必要があります。
これは、底値帳で、あいうえお順に表示するためのものです。
IMG_0679.jpg
このように、ピッカーリストから選択して下さい。

次回へ続きます。
posted by touhu at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

i底値帳 開発中画面のご紹介

早速ながら、i底値帳の画面を公開します。

こんな
Screenshot 2009.08.29 17.30.22.png
感じでございます。
かっこいー!!(笑)

食料品などの商品が50音順に並び、それぞれ底値が表示されています。
底値には、お店の情報や、買った時のメモ(大安売り、セールタイム、など)を自由に入力出来ます。

そして、i底値帳の最大のウリは底値をメールで送信出来る事です。
メール送信機能を使う事で、iPhoneを持っていない、身内の方などに、底値をメールする事が可能になります。

そのへんは、また次回にご紹介します。
posted by touhu at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPhoneアプリケーション「i底値帳」サポートBlogスタートさせました

初めまして!

このBlogは、私touhuの拙作iPhoneアプリケーション「i底値帳」の公式サポートBlogです。

i底値帳は、商品の底値をお店ごとに記録し、日々の買い物に役立てる事が出来るアプリです。
商品は、アドレス帳に記録するのと同じように、あいうえお順に整理され、買い物をしながら、すぐ確認する事が出来ます。

i底値帳を使う事で、以下のような事が可能になります。
シチュエーション1
1 スーパーの広告やレシートを見る
2 商品の価格をi底値帳にメモする
3 買い物に行く
4 底値帳を参照し、他店の方が安いか?この店の底値になっているか?を確認した上で買い物をする

シチュエーション2
1 買い物に行く
2 会計前に、別の店に行ってる連れに、底値をメール送信し、より安い価格の商品を買うよう指示する

このBlogでは、i底値帳の使い方や、最新の開発状況、新機能のご紹介などを行っていくつもりですので、よろしくお願いします。

あ、それと、i底値帳には、公式Twitterアカウントもあります。
http://twitter.com/sokonecho
こちらも是非、ご贔屓に!

よろしくお願いします。
posted by touhu at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。